ニキビはエブリデイケアでなくす~化粧品でニキビ除去~

洗顔料を選ぶコツ

顔を洗う

洗顔料は低刺激の物を

10代前半から私たちを悩ませるお顔のアクシデントの代表格として、ニキビがありますよね。青春の証だと言う方々も多いですが、やっぱり困りものです。ニキビの原因は顔の皮脂が溜まって酸化し、それがアクネ菌の繁殖源となり、そのアクネ菌が大量発生することで起こる炎症であることは有名ですがニキビ洗顔料はなるべくなら洗浄力のあるものかつ、低刺激・保湿性のあるものを選びましょう。スクラブ洗顔がメントール配合のニキビ洗顔料は、確かにお顔の脂をゴシゴシこそぎ取ったり、スーッとする感覚が皮膚に爽快感を与えてくれますがその反面、使いすぎると皮膚をキズつけたり、刺激を与えすぎてしまうため肌が敏感になりかえって脂の分泌を早めてしまう恐れがあります。刺激が少ない方が、結果的にお肌への影響が少ないです。

洗顔をした後は保湿を

低刺激性の商品や、スクラブを使わないニキビ洗顔料ですと、なかなか脂が落ちなくて効果が無いと思う人も多いと思いますが、その場合は洗顔を2回に分けて洗いましょう。1回目で表面の脂を綺麗に落とし、2回目で少し残った脂を落とします。共にぬるま湯で洗うと効果的です。こうすることによって、脂を取りにくいと思われるニキビ洗顔料でもしっかりとお顔を脂を落とすことが出来るので有効です。そして、洗顔が終わった後は化粧水や乳液などを使ってしっかりと保湿をして下さい。ただしオイリー肌だったり10代前半〜後半の思春期の若い肌の場合は乳液は逆効果なので使う必要はありません。洗顔の後のお手入れも欠かさずにやっておくことがフェイスケアの秘訣です。