ニキビはエブリデイケアでなくす~化粧品でニキビ除去~

洗顔料を選ぶコツ

顔を洗う

ニキビ洗顔料を選ぶ際は洗浄力があり、かつ低刺激・保湿効果のある商品を選びぬるま湯で2回位に分けてじっくりと洗顔をしましょう。そして洗顔が終わったあとはそのままにせず、化粧水などを使ってお顔の皮膚の潤いを整え、きっちりとファイスケアをしましょう。

Read More...

顔をきれいにする

泡を持つ女性

ニキビはとても悩みの種になってしまうものですが、洗顔をしっかりと行なうことで予防や解決も可能です。洗顔をするにあたっては、ランキングが広く公開をされていますので、それを参考にすると肌に合ったものを選ぶことが出来ます。

Read More...

早く肌荒れを改善

顔の手入れ

炎症を素早く鎮める作用

毛穴が詰まってしまってそこにアクネ菌が繁殖することで、ニキビができてしまいます。アクネ菌がどんどん繁殖してしまうと肌で炎症が起きてしまって、痛みやかゆみのあるニキビになってしまいますから、いかにこの炎症を素早く鎮めるかが早期改善につながります。そのためにも、化粧品には消炎作用のある成分が配合されているものが良いでしょう。様々な殺菌や消炎効果のある成分がありますが、肌に優しくしっかりと働いてくれるのがグリチルリチン酸2Kです。植物由来の成分ですから肌への刺激が少なく、肌質を問わず使用することができます。この成分が配合されているかどうかを目安として、肌に合っていて炎症を鎮められる化粧品選びをしましょう。

低刺激で負担も少ない物

ニキビケア化粧品にはたくさんの成分が含まれていますが、それがニキビに刺激を与えて悪化させる場合も多いです。界面活性剤やアルコール、着色料や香料など、化学物質がたくさん含まれているものほど、肌への刺激が強くなります。そのため、これらの成分が少なくて低刺激なものほど、ニキビを悪化させる要因を省くことができますから、成分の安全性を考えて化粧品選びをする必要があります。クレンジングや洗顔料、日々のスキンケアやメイク用品など、肌に触れるものは成分のチェックをしっかりと行って、安全性の高い低刺激なものを使いましょう。また、油分はニキビ悪化にもつながりますが、肌の保湿には欠かせないものですから、ノンコメドジェニックの化粧品で補うのが得策です。

セルフケアで治す方法

顔に手を当てる女性

ニキビを放っておくといつの間にかニキビ跡になって残っていることがあります。ニキビ跡をそのままにしておくと茶色いシミになって一生残る可能性もあります。ニキビ跡を消すには、ビタミンC誘導体やピーリングがおすすめです。

Read More...